-

クルマを持つ人ならば承知していると思いますが自動車税という税金を支払う義務があります。http://xn--q9j2c8gqa2jqe1c5559a7jxb.com/

そして自動車税は、査定に出す自動車買い取りの際に普通に還ってくる税金なのです。Windows 10

こうしたことはちょっとやってみたら頭に入ってきますがそれでははじめから順番に出来るだけわかりやすく案内することにしましょう。買い取り業者による車の査定

ちなみに注意書きしておけば、国内のクルマだけでなく外国の車でも自動車税が還付されることになってきます。引越し 失敗

当然自動車についてもそうです。車査定最強法則は車買取・埼玉.comが便利です。

自動車税という税金は自動車を持つ人が支払う税金でこの金額は自動車の排気量の大きさ毎に規定されています。逃げ恥

1リッターより低いなら29500円1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。ライザップ 札幌店

これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増えていきます。糖ダウン

そしてこれは4月1日の時点の所有者が、その年度の全額を納める事になっています。メールレディ メールのみ

ということは先払いということですから、当然ですが自動車を売ってしまって所有権を手放したケースでは先に払った分の税額は返還される事を意味します。

税の場合は先払いで来年3月までの税金を納めるから、その年度内に愛車を売った場合は新しいオーナーが自動車税の納付義務を負うということになります。

売却相手が専門店であれば、引き取り時にあなたが前払いしている分の金額を返金してもらえます。

要は、所有権が移転された時より後の税額は新しいオーナーが納付義務を負います。

もし10月の間に自動車を売却した時は11月以降翌年3月までの自動車税は戻ってくるのです。

というのは前述した通り自動車税という税金は一年分を前払いしているという事実からも明らかです。

まとめると、前オーナーは売却先に税を返してもらうということになります。

個人間で愛車を買い取ってもらうときに、意外とこうしたことを忘れている方がよくいるのできちんと確認をとるようにしましょう。

自動車税がクルマの売却で返ってくるという知識をほとんど知っている人が少ないからと言って、その事実を説明しない悪徳業者も存在します。

こちら側から返金に関しての話をしなければ、一切自動車税のことには説明しないということも結構見受けられます。

ですので愛車の売却をする場合は払いすぎたお金が返金されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしましょう。

Category

リンク