-

実際にPCのディスプレイの前に座りリアルタイムで変動している市場を見ていると、すぐにエントリーをしたくなるという感情に駆られる状況も少なくありません。

だけど、はっきりしない考えで注文するのだけは、間違ってもしてはいけません事実、外国為替相場は終日いかなる時でもどこかの国の外国為替相場がオープンしているし相場も休みなく、変化しています。

しかしながら、何回も売り買いを積み重ねるとその回数分だけ損をする確率が高くなってしまいます。

当たり前ですが、エントリーの数を重ねることによって、儲けられる確率か五分五分になります。

しかしこれは「なんだか分からない思いつきで売買」してしまうこととは別の問題です。

売買回数を重ねるということは自分が「ここだ!」と感じた機会を得た場合の売り買いの回数を積むという意味です。

格段の理由がなく、絶え間なくエントリーを積み重ねるのとは全く違う。

為替相場の勝負に勝利するためには、自ら考えて緩急をつけることこそが重要です。

「ここは!」と思い至ったマーケットの時には、覚悟を決めて持っているポジションを増やして、覚悟を決めて利益を追求します。

「ちょっと難解なマーケットでどう変化するのか理解できないな」と感じたならば潔く持っているポジションをひとつ残らず見切りをつけて静観します。

このぐらいのメリハリがあったほうか、結果的には注文はうまくいきます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通りです。

FXとは、何も常に売買ポジションを所有する事がすべてではなく、どの売買ポジションも所持せずじっと見ていることも場合によってはFXです。

それならば、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、先述の通り、これからの為替相場が今ひとつ見通しがきかない時です現状からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、何も考えず行動すると、自身で作り上げたシナリオとは異なった方向に外国為替市場が推移してしまい損失を被ることになる。

そのため、このようなケースではポジションを減らして、そのまま何もぜずに静観を決め込むのが最良の方法です。

次に、あなたの体の具合がすぐれない時。

体の調子と外国為替相場に何の影響も与えないと感じる人もいますが現実には案外影響します。

体調がよくなければ、外国為替市場の大少な状況で、必要な決定が出来ない場合があります。

興味がわかない時は、FXから目をそらす事も大切な事です。

Category

リンク